ダイエットレシピ

ダイエットレシピでは、様々なダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピなどの情報を提供し、痩せたい方々をサポートします。

ウエストを引き締める実践簡単なダイエット方法と食事の摂り方!

ウエストを引き締める実践簡単なダイエット方法と食事の摂り方!

Sponsored Link


気になるウエストは簡単な運動と食事で引き締める!

いくら体重が減っても、ウエストが細くならないと痩せたという実感がわかず、ダイエット継続の気力を失う要因になっています。
そもそも、ダイエットを意識するときは、体重もそうですが、まずはお腹を見て、「ダイエットしなくては・・・。」と思うのでは?

ダイエットはまず、お腹を意識して、いかにしてお腹の贅肉を落とすかがポイントです。

メタボリックシンドロームが疑われる、簡単な診断基準として、ウエストの周囲径(おへその高さの腹囲)が、男性=85㎝女性=90㎝を目安にしています。これ以上のウエストサイズがある方は、心血管疾患 等の病気を招く恐れがあるとされ注意が必要です。

もちろん、お中の出っ張りだけで、確実な健康診断はできませんが、ウエストが気になる方は、当サイト記事を一読いただき、ダイエットの参考にして頂ければ幸いです。

ウエストを引き締め 細くするダイエット法!

ダイエット最大の難点は、すぐに結果が出ないことです。ですから、短期間のダイエット法に、どうしても関心がいきますが、とりあえず1週間、継続できそうなダイエット法に挑戦してみてはいかがでしょうか。

そんな、とりあえず挑戦できそうで、出来るだけ簡単にウエストを締めるダイエット法を下記に紹介していますが、忘れてならないのは、やはり食事制限(カロリー制限)と運動(カロリー消費)です。
極端に食べる量を減らす必要はありませんが、間食や食材に気を遣うようにしましょう。

カッコよく美しい体を、手に入れたいのなら、ある程度の我慢は必要だということを踏まえて、ダイエットに挑戦することが大事です。

関連記事:下半身が痩せるためのダイエットとは?太る原因は股関節と筋肉にあり!

関連記事:ダイエットの為の筋トレはスクワットで筋力アップが効果的!


Sponsored Link


ウエストダイエット

ウエストダイエットとは、腰のくびれの部分を引き締めるダイエット方法です。

ダイエットは、体重を落とすことが最大の目的ですが、「足痩せ」「二の腕痩せ」「太もも痩せ」のように特定の部分を細くすることを目的にしたものがあります。ウエストダイエットもその類となります。

多くの女性は、ウエストがほっそりとくびれ、胸から腰、お尻にかけてのラインにメリハリがある体を理想としています。
しかし、ウエストを細くするのは思っているほど簡単ではありません。

体の他のところに比べてお肉が多いから、ダイエットを始めたらすぐに痩せそうと思っている方も多いようですが、お肉が付きやすいからこそ、ウエストダイエットはしっかりと継続することが大事なのです。

何事も継続するためには、簡単な上に短時間であることが重要です。
下記に紹介しているウエストを引き締める運動(動画を2つ)は、極力短時間で簡単なものです。

実際やってみると分かりますが、十分に効果は期待できると思います。

 

ミラクルダイエット ウエストが楽に細くなっちゃう魔法のような裏ワザ!!

タオルを持って、8の字を描くように、身体を左右に動かす運動です。

動画を見る限りでは、非常に簡単なので、これで痩せられるのかなぁ~という思いもありますが、実際やってみると、体が温まり、期待できる運動かと思います。それと、何といってもこのタオルを使った運動は、立った状態で、その場で簡単に出来る運動なので、運動特有の嫌な抵抗感がなく、すんなりやれる手軽さがあります。

いちいち、床に座ってやる運動は、それだけでも抵抗感を感じて、いつの間にかやらなくなるものですが、このタオルを使った運動であれば、ふとした時にやれる運動です。

ダイエットの為の運動は、この、立った状態で手軽に出来るというのが、非常に重要で、長続きのポイントかと思います。

 

ぽっこりお腹を解消するならドローイン !

少し、やり方に慣れるまでに、時間はかかりそうですが、この呼吸法をマスターすると、立った状態でも、座った状態でも出来るので、いつでもどこでも出来る手軽さがあり、おすすめの運動です。

ドローインで鍛えられる筋肉は、主に、「腹横筋」「横隔膜」「骨盤底筋群」ということもあり、ウエストの引き締めだけでなく、内臓の働きを良くする効果も期待できるようです。

何となく、地味な運動ですが、続ける価値は十分あるように思います。
上記のタオルを使った運動と合わせて、行ってみてはいかがでしょうか。

 

確実にウエストを絞り細くするダイエットのポイント

ウエストを絞るためには、運動によって筋肉をつけることの他に、基礎代謝を上げて脂肪の燃焼効率をアップさせる必要があります。

そのため、ウエストを細くしたいからといってウエスト部分だけを鍛えるのではなく、ウォーキングやランニングなどの筋トレ以外の運動を行い、全身の筋肉量を増やすことが大切です。

特に有酸素運動は、体内の酸素量が増えるため、血流が促進されて老廃物の排出が活発になり、新陳代謝が上がって脂肪が燃えやすくなります。また、運動と同時に食生活を見直すことで、よりダイエット効果を上げることができます。

カロリーが高い脂質や糖質の過剰摂取を控え、ビタミンやたんぱく質、ミネラルなどの栄養をバランスよく摂るように心がけましょう。

腹筋運動に効果があるのか?

ウエストを引き締めるために、まず頭に思い浮かぶのが腹筋運動ではないでしょうか。

腹筋は、その名の通りお腹の筋肉を鍛えるトレーニングですが、筋肉には表層筋と深層筋の2種類があり、通常の腹筋運動として行うトレーニングでは、表層筋を鍛えることになります。

表層筋は皮膚表面に近い筋肉のため、鍛え始めると比較的早い段階でその効果を感じることができます。ただし、毎日鍛え続けないと すぐに元に戻ってしまうのもこの筋肉の特性であるため、長期間続けなくては理想のプロポーションを保つことができません。

このようなことから、腹筋運動はウエストを細くする効果は認められるものの、モチベーションを保ちながら継続するのは安易ではないことから結果的に途中で挫折しやすく、腹筋運動だけでウエストを細くするのは、かなり難しいと言えます。

関連記事:太る原因を知ることがダイエットへの近道!【痩せる為の運動と食事を紹介】


Sponsored Link


 

ウエストを引き締める食事

食べることは生きること、と言われるように、私達は食事をしなければ生きていくことはできません。

食べ物から得た栄養素を消化・吸収することで、私達は生きるためのエネルギーを得ています。
しかし、活動で使用されるエネルギー量に比べ、摂取するエネルギー量が多ければ、当然ながら使われないエネルギーが生じ、余った分は脂肪という形で溜めこまれます。

厄介なのは、この脂肪は、お腹に溜まりやすく、落としにくいということです。

そのため、食事によって得られるエネルギーと消費されるエネルギーのバランスをとることが、とても重要と言えます。

 

無理なくお腹の贅肉を落とす食事とは?

贅肉を落とすことと体重を落とすことは、イコールではありません。
体重は、体全体の重さを示すものであり、一方の贅肉は体には本来必要のない余分な脂肪のことを指しているからです。

そのため、体重を落とすことを考えてしまうと、体にとって本来必要な筋肉を減らす恐れがあり、筋力が減ることで代謝が下がって太りやすい体になるという悪循環を招きやすくなります。

では、体重に捉われずに贅肉を落とすためには、どのような食事を行うのがよいのでしょうか。

関連記事:筋トレがダイエットを成功させる!【女性が美しく瘦せるための簡単な運動】

炭水化物の摂り方に注意!

炭水化物は、ご飯やパン、麺類といったいわゆる主食に含まれる栄養素で、糖質と食物繊維の総称となっています。

最近は、この炭水化物を一切摂らないダイエット方法が流行していますが、糖質は三大栄養素の一つとなっていて、脳の唯一のエネルギーになることから、全く摂らない方法というのは体に大きな負担をかける恐れがあります。

とは言え、炭水化物は高カロリーで血糖値を上げやすいことから、摂取しすぎると太りやすくなるのも事実です。
そのため、炭水化物は適度に摂りながらも、食べ過ぎないように注意をする必要があります。

関連記事:太る原因は主食にあり!ダイエットは炭水化物(糖質)の制限が重要ポイント

関連記事:糖質制限ダイエットが成功する理由と危険性

夜の食事時間に注意!

仕事の都合などで、夕食を食べる時間が遅くなってしまうという方もいらっしゃると思いますが、遅い時間に食事をすると食べてから寝るまでの時間が短いために、エネルギーが消費されにくく脂肪を溜め込みやすくなります。

そのため、夕食は寝る3時間前までに済ませるのが理想的と言われています。

なお、夕食が遅くなってしまいそうという方は、補食として夕方に少し食事をしておき、帰宅後はカロリーの低いものを少量にするなど工夫をしてみましょう。

関連記事:ダイエットを簡単にする食事の時間帯と食べ方

 

消費カロリーと摂取カロリーの考え方

ダイエットの基本は、摂取カロリー消費カロリーです。

極端な話、一切何も食べなければ途端にエネルギー不足に陥り、みるみるうちに痩せることができますが、そのようなダイエットが体によくないことは誰もがよく知るところでしょう。

確かに摂取カロリーを抑えることはダイエッには必要と言えますが、体が最低限必要としているものまで抑えてしまうと体調不良を招き、時に、命の危険に及ぶこともあります。

そのため、ダイエットを行う時は摂取カロリーを減らすことだけを考えるのではなく、消費カロリーを増やすことで摂取カロリー消費カロリーとなるようにする必要があります。

関連記事:ダイエットは肥満を抑制する食材や食べ方が重要!

関連記事:ダイエット中の『お酒』と『おつまみ』選び!

 

食欲を抑える方法

不安が食欲を呼ぶ!

感受性が豊かな人は、他人からの言葉を誇張して受け取ってしまいがちです。そのため、人一倍、不安感も強く、それを和らげるために食行動に走ってしまいがちです。

例えば、「太っていると思われているかも」という不安感や恐怖感が条件反射のように「食べる」という行為とつながってしまう場合があります。そこで「条件反射制御法」と呼ばれるアルコールや薬物依存にも使われる心理療法が役立ちます。

まず、普段の心が落ち着いた状態のときに、胸に手を当て「私は今、過食をしなくても大丈夫」と小さな声でつぶやきます。
これを日々何度も繰り返し練習しておきます。

そして、いざ不安で過食してしまいそうになったとき、心が穏やかになれる場所に移動し、胸に手を当て「私は今、過食しなくても大丈夫」とつぶやくのです。

普段から練習していた、この動作と言葉が「落ち着いた心」とリンクしているので、この条件反射の力で、いざという時にも心が穏やかになり、「不安=食べる」という負のつながりを断ち切ることができるのです。

関連記事:マインドフルネスでダイエット!『太る原因は心にあり』

 

ウエストを引き締める実践簡単なダイエット方法と食事の摂り方!まとめ

ウエスト引き締め、細くする方法は、テレビでもよく紹介されていますが、やはり紹介する運動は、とにかく簡単なものになっています。また、お笑い芸人さんが実践し、その効果を実証していますので、効果があることは間違いないようです。

とにかくダイエットは、続けることが大事ということ。そして、続けるには、簡単であることが、重要なようです。
もちろん、絶対痩せるという決意があれば、厳しい運動や食事制限もいいのですが、それが出来れば、苦労しないですよね。

出来る事なら、急激なダイエットを必要としないよう、日々努力することをおすすめします。

『ダイエットは一日にして成らず』です。

注意事項

紹介している食材の使用や健康法を実践する場合、ご自身の体調を考え、注意した上でおこなってください。また、体調に異常や不安を感じた場合は、速やかに中止し、医師に相談してください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top