ダイエットレシピ

ダイエットレシピでは、様々なダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピなどの情報を提供し、痩せたい方々をサポートします。

【中高生・男子】10代のダイエットは食べて痩せるが基本

【中高生・男子】10代のダイエットは食べて痩せるが基本

12~17歳・男性のダイエットは生活習慣が大事!

中高生は育ち盛りです。もし運動部に所属しているのならダイエットなんて考えてはいけません。もちろん体重制限のあるスポーツは別ですが、基本的に、食べて、寝て、学んで、チョットだけ恋に悩みながら、育つのが理想です。

ただ、食欲旺盛で運動部に属さない人は、太りがちです。それでも、成長期のダイエットはおすすめではないのですが、健康診断等で、太り過ぎと言われた人は、やはり気になりますよね。また、好きな人ができたら、チョットでも痩せてカッコよくなりたいものです。

そんな、成長期のダイエット栄養について、当サイトは紹介しています。

一読いただき、何かの参考になれば幸いです。


Sponsored Link


中高生の男子に適したダイエットとは?

12~17歳の男性と言えば、体がグングン成長する時期です。この成長を妨げるような、不規則な生活習慣では、太りやすくなります。

難しいことは考えずに、1日3食をしっかり取って、早寝早起きの習慣が大事です。そして、重要なポイントは、間食(お菓子類)の食べ方です。特に、夕飯以降のお菓子やジュースは慎むように。

夕食をしっかり取り、空腹を感じる前に寝ることが大事ですが、勉強が深夜に及ぶ場合は、夜食として、時間を区切って食べてください。

意味なく、ダラダラ起きて、ダラダラお菓子を食べているようだと、太る一方です。

しかしながら、10代の若い時期は、夜はダラダラとあれこれ悩むことも大事です。このダラダラ時間を利用して、腕立て伏せや腹筋運動など、10回ずつでもやってみましょう。

性徴期(成長期)の体に必要なことは?

12~17歳は、大人の体になる前の大事な時期です。女性の月経のような劇的な変化はありませんが、声変わりがして、骨格が変化していきます。

この時期に大切なことは、エネルギーとタンパク質をしっかり取り、筋肉を成長させることです。また、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも不足しないようにして、丈夫な骨格をつくりましょう。

朝食抜きはダイエットの敵!

朝食抜きやけじめのない食べ方、夜遅い食事などは、栄養バランスだけでなく、自律神経のバランスを乱し、精神的な不安定につながります。

特に、朝食を抜くと、必要な栄養素が摂りにくくなり、低体温が続いて心身が活性化しないために、集中力も低下します。朝食をしっかり取り、夕食は早めに済ませる、早寝早起きの習慣を身につけましょう。

質の良い眠りは、筋肉や骨づくりにも欠かせません。

食欲旺盛で新陳代謝の激しい時期なので、食事は3回きちっと取って、体をよく動かし、心身の健全な発達を目指しましょう。

ダイエットは運動を基本に!

正直なところ、中高生の男子に食事制限のダイエットはおすすめできません。痩せることが目的というよりも、鍛えることを目的的として体を動かし、結果ダイエットできればというのが理想です。
運動は基本的にどんなものでもOK。ランニングや筋トレなど、負荷のかかる運動をしても体力があるので問題ありません。ネットの動画などでダンス系エクササイズを見ながら動くのも、楽しみながら続けられてよさそうですね。


Sponsored Link


男は恋して痩せる方法もあり!?

男女問わず、異性を意識しだすと、ダイエットを考え始めます。ただし、大して太ってもいないのに食事制限によるダイエットは考えものです。男であれば、少しでもいいので、体を動かして鍛えて痩せることが大事です。

しかし、ダイエットに一番効果的なのはすることではないかと思います。もし、今、好きな人はいるけれど、誰が見ても肥満体型なために恥ずかしくて話もできず悩んでいるのであれば、おのずと痩せようと努力するはずです。

これは、ダイエットに限ったことではなく、勉強もスポーツも、好きな人にカッコイイところを見せたいがために、男は努力する単純な生き物です。この単純な男の性質を、利用する手はありません。

ただし、努力してどんなにカッコイイ体形になったとしても、振られることもあります。その時、やけ食いしてリバウンドしないように注意してください。

余談ですが、よく大人は、1度や2度振られたぐらいでクヨクヨするなと言いますが、振られたときはクヨクヨして大丈夫です。逆に、クヨクヨしなければ心の成長もなく、カッコイイ大人にはなれません。体の成長はもちろんのことですが、心の成長も大事です。

性徴期(成長期)に重要な栄養素の働きについて

栄養素はその働きによって、

  1. エネルギーになるもの
  2. からだをつくるもの
  3. からだの調子を整えるもの

の大きく3つに分けられます。

  • エネルギーになるものは、主に糖質(炭水化物)、脂質ですが、糖質の摂取量が足りないと、たんぱく質が分解されてエネルギー源となります。安静にしていても、臓器を動かすなど、生命を維持するためにはエネルギーが必要です。また活動量が多いほど、たくさんのエネルギーが使われます。逆に、活動量で使う分より多くの糖質や脂質をとると、その分は身体に蓄積されます。
  • 体をつくるものは筋肉や髪や爪などをつくるたんぱく質、骨や歯をつくるミネラルのほか、細胞膜などをつくる脂質の3つです。中でもたんぱく質は身体のすべての部分をつくることに関係しています。
  • 体の調子を整えるものは、ビタミンとミネラルです。体温を調節したり、体内で必要な物質をつくったり、神経の働きに関わるなど、身体の状態を一定に保つために大事な栄養素です。ビタミンの一部を除いては体内でつくることができない物質なので、食事からとり入れなければなりません。

バランスのよい食事とは、これらの3つの要素を必要量に見合った分だけとり入れられる食事を意味しています。成長期は大事な時期です。不足しないよう、十分食べてください。もちろん、食べ過ぎは禁物です。

【中高生・男子】10代のダイエットは食べて痩せるが基本のまとめ

10代は、男性ホルモンが分泌され大人に近づいていく段階です。まだ、完全な大人の体にはなっていません。この時期に、無茶なダイエットだけはしないように!

中高生の太る原因の多くは、ジュースとお菓子のようです。もともと、10代は代謝(カロリー消費)が高いうえに、学校生活等で、体を動かすことが多く、普通に1日3食きっちり食べていれば、太る要素はありません。

10代は、もっとも体が美しい時期です。この時は今しかありません。大事にしてください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top