ダイエットレシピ

ダイエットレシピでは、様々なダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピなどの情報を提供し、痩せたい方々をサポートします。

1週間のダイエットで-5㎏痩せる効果的な食事や運動方法は?

1週間のダイエットで-5㎏痩せる効果的な食事や運動方法は?

1週間の脂肪燃焼スープレシピとお腹痩せの筋トレやストレッチを紹介!

世の中には、様々なダイエット方法がありますが、どれも間違いではありません。ただ、実行できるかどうかです。

最近は、「ダイエットは無理なく、時間を掛けて少しずつ行う」のがよいと言われ、極端な食事制限やハードな運動などは行わない傾向の方が増えています。

しかし!場合によっては、短期間でどうしても痩せたいという時ってありますよね。

さすがに「1日で見違えるほど痩せる」なんてのは難しいかも知れませんが、1週間あれば何とかなりそうって思いませんか?

でも、1週間で痩せるなんて、本当に可能なのでしょうか?

そこで今回は、1週間で痩せる食事やレシピ、運動、筋トレをご紹介したいと思います。

一読いただき、短期間ダイエットの参考になれば幸いです。


Sponsored Link


1週間でダイエットは可能か?

week-6ダイエットの基本は、摂取カロリー消費カロリーです。

そのため、多くの方は食べる量を減らして運動を行います。しかし、食事の量を極端に減らしてしまうと、体力がなくなるだけではなく体調を崩すこともあり、とてもじゃないけれどダイエットが続けられなくなります。

さらに、筋肉に必要なたんぱく質の摂取を制限すると、せっかく運動をしても筋力量が増えず、基礎代謝が落ちてしまう可能性もあります。

そうならないためにも、食事の量を減らしてカロリーを抑えるのではなく、運動をして消費カロリーを増やことがとても大切です。

このことさえ忘れなければ、1週間で-5㎏ダイエットも夢ではありません。

1週間で-5㎏ダイエット可能な脂肪燃焼スープと献立

1週間で-5kg痩せるのは、正直なところかなりハードルの高いダイエットと言えるでしょう。しかし、それもやり方によっては可能です。

そのやり方の中で、おすすめのダイエット食が、脂肪燃焼スープです。

脂肪燃焼効果の高いスープとの食事の組み合わせにより、体験者の多くが「みるみる痩せた!」と驚きを実感しています。

脂肪燃焼スープダイエットでは、1週間で食べるメニューが決まっています。

ここではそのダイエットメニューをご紹介したいと思います。

脂肪燃焼スープの作り方

week-5脂肪燃焼スープダイエットのプログラムは7日間限定で健康的に痩せることを目的としています。

決められたメニュー通りに食事をするだけで、代謝が良くなり痩せることができます。個人差がありますが、7日間で5㎏~8㎏程度痩せられる究極のダイエット方法です。

脂肪燃焼スープの材料

  •  キャベツ 1/2個
  •  セロリ 1本
  •  たまねぎ 3個
  •  ピーマン 2個
  •  にんじん 1本
  •  にんにく 1片
  •  生姜 1片
  •  水 1000ml+α
  •  干ししいたけ 3~4枚
  •  ホールカットトマト 1缶
  •  唐辛子 2本
  •  塩こしょう 少々
  •  チキンコンソメ 2個

脂肪燃焼スープの作り方

week-18参考レシピ:脂肪燃焼ダイエットスープ。メラメラー☆

  1. 野菜は好きな大きさに切り、生姜はすりおろす。チューブでもOK。
  2. 生姜以外の材料を鍋に入れかぶるくらいの水を加えて、10分~お好みの野菜の固さになるまで煮ます。
  3. 水はお好みで調節してね。私はスープ多めが好きなのでこの時点で足して再沸騰させています。
  4. 最後に唐辛子を入れて沸騰させ、味をみて塩こしょうで調整する。

 

脂肪燃焼スープダイエット 1週間の実践計画

このダイエット法は月曜日から日曜日のスケジュールで行います。

基本的に、いつ始めてもいいのですが、土日が休日ということを考慮しています。比較的、週末は活動的になるので、ややボリュームのある料理になっています。

ただし、このスープダイエット計画は、体に必要不可欠な栄養素を十分にとれない日がある、いわゆるプチ断食の一種なので、実行の際には体調に留意し、無理をしないようにしてください。

必ず体調を確認してから始めてください。また、女性はホルモンバランスの影響で痩せにくい時期があるので、生理後など痩せやすい時期から始めると効果が出やすいでしょう。

月曜日:脂肪燃焼スープ+フルーツ

week-7【ダイエット初日】

脂肪燃焼スープとバナナ以外のフルーツは何を食べてもOKです。水分は、水か果汁100%のジュースで補ってください。

お腹が空いたらいくらでも食べていいので、空腹を我慢せずに楽しみながら食事をするといいでしょう。

満腹感を得たいなら、果物をジュースにするより、そのまま食べる方がいいでしょう。リンゴなどは皮ごと食べることで、栄養をまるごと摂取することができます。

火曜日:脂肪燃焼スープ+野菜

week-8【ダイエット2日目】

脂肪燃焼スープと野菜だけを食べるようにしましょう。

脂肪燃焼スープの中に、自分の好きな野菜をプラスしてもいいです。調理法は自由なので、それぞれ調理法を変えて、たくさんの野菜を食べましょう。

ただし、豆やスイートコーンは食べてはいけません。また、調理の時にバターや油、砂糖は使わないことが重要です。その他でしたらどんな調理でも構いません。

どうしても我慢できなのであれば、夕食にはベイクドポテトを食べてもOKです。ただし、ベイクドポテトは、ジャガイモを焼き上げたカロリーの高い料理(100gあたり93.2㎉)なので、基本的には我慢してください。

水曜日:脂肪燃焼スープ+フルーツ+野菜

week-9【ダイエット3日目】

美味しいものを食べたくなる時ですが、その食欲をカバーするためにも、1日目と2日目に食べていたものを全て食べることができます。

脂肪燃焼スープと果物、野菜を好きなだけ食べましょう。食べられるものが増えるので、ストレスもあまり感じることなく過ごせます。ただし、ベイクドポテトはNGなので、食べないようにしましょう。また、出来るだけ、果物を食べる時には、朝4時〜11時の間に食べるといいでしょう。

3日目になるとスープの味に飽きてくる頃です。お肉やデザートなど普段食べているものが食べたくなる時でもあり、3日目で断念する人も多くいます。

この時期が頑張り時です。また、この頃になると、体重の変化も起きてきて、早い人だと2〜3kg痩せていることがあります。体重に変化が出ることでやる気も出てきますね。

体重に変化が出ていない人も、焦らずに続けることが大切です。痩せないからといって、食事の量を極端に減らしたり、食事を摂らないでいたりすると、栄養が足りなくなってしまい、体調を崩す危険があります。脂肪燃焼スープダイエットの方法を必ず守って続けてください。

木曜日:脂肪燃焼スープ+バナナ+スキムミルク

week-10【ダイエット4日目】

どうしても甘いものが食べたくなる時期です。こんな時、コンビニにふらりと立ち寄ると誘惑に負ける可能性大です。その欲求は、「バナナ」と「スキムミルク」でカバーしてください。

脂肪燃焼スープとバナナ3本とスキムミルク(無脂肪ミルク)500mlを食べ、水をたくさん飲むようにしましょう。バナナはカロリーが高く、炭水化物やタンパク質が摂取できます。食物繊維も豊富なので、便秘解消にも効果的です。

スキムミルクは牛乳から脂肪と水分を除いたもので、牛乳と同じ栄養を摂取することができます。バナナと同じく、カロリーと炭水化物、タンパク質が摂取できますし、カルシウムも補うことができます。

炭水化物、カルシウム、たんぱく質を摂取することで、甘いものが食べたいという欲求を抑えることができます。

バナナとスキムミルク、水と氷をミキサーで混ぜることで、バナナシェイクを作ることができます。デザート感覚で味わうことができるので、そのまま食べるのに飽きてしまった人は試してみましょう。

また、バナナは美容や健康効果も高く、温めることで、さらに効果をUPすることができます。電子レンジ500w~700wで30秒~40秒温めるか、フライパンで焼き目がつくまで1分程度焼くと、甘みが増して美味しく食べられます。温めることで善玉菌も増え、腸を冷やさないので、腸内環境を良くすることもできます。

金曜日:脂肪燃焼スープ+肉+トマト

week-11【ダイエット5日目】

4日間、よく我慢しました。5日目の今日は、ご褒美にお肉が食べられます。調理の仕方に注意して、美味しく食べてください。


Sponsored Link


350g〜700gの赤身の牛肉か、または鶏肉煮魚を食べることができます。久々のお肉や魚に嬉しくなってしまいますね。

ローストビーフや胸肉のグリルなど、油を使わない調理で作るようにしましょう。トマトも最大6個まで食べていいので、いろいろな食べ方で楽しむといいでしょう。脂肪燃焼スープは最低でも1杯は食べるようにしてください。

生のトマトが苦手だという人は、お肉や魚にかけるソースにしたり、脂肪燃焼スープに入れたりして食べてもいいでしょう。トマトは温めることで栄養価が高くなるのでおすすめです。

急激なダイエットをすると、脂肪が分解される時にケトン体という物質が血液中に増えて、尿酸が排出されにくくなることがあります。尿酸が溜まってしまうと、高尿酸血症や痛風などの病気を引き起こすことがあります。尿酸を排出するためにも、6〜8杯の水を飲むようにしましょう。

土曜日:脂肪燃焼スープ+牛肉+野菜

week-12【ダイエット6日目】

脂肪燃焼スープと牛肉と野菜を食べていい日です。牛肉の量にも制限がないので、2〜3枚のステーキや焼き肉でもOKです。

牛肉はなるべく赤身のものがいいので、ヒレ肉ランプ肉などを選ぶといいでしょう。ステーキソースやタレは使わずに、醤油や塩こしょうなどシンプルな味付けで食べてください。週末の楽しいひと時を、牛肉料理を食べて楽しんでください。

ダイエット中なのに、たくさん牛肉を食べていいの?と思うかもしれませんが、脂肪燃焼スープダイエットは、栄養が偏らないように効率良くダイエットができる方法になっています。不足しているタンパク質を補うためにも牛肉を食べるようにしましょう。

ベイクドポテトを除く野菜も食べていいので、牛肉と野菜のグリルや、煮込み料理などいろいろな調理で作ってみましょう。そのままサラダや蒸して食べてもいいですね。

6日目になると脂肪燃焼スープを飲むのが嫌になってきているかもしれませんが、最低でも1杯は飲むようにしましょう。スープの中にお肉を入れるなど、味をアレンジをして飽きないように工夫してみてください。

日曜日:脂肪燃焼スープ+玄米+野菜+果物ジュース

week-13【ダイエット7日目-最終日】

ここまで来たら大丈夫。しかし油断は禁物。最終日も気を抜かず、しっかり「1週間の脂肪燃焼スープダイエット」を実践しましょう。

脂肪燃焼スープダイエットの最終日の7日目は、スープと玄米と野菜、甘味料の入っていない果物ジュースだけを食べるようにしましょう。

ようやく炭水化物が食べられるため、朝からたくさん食べたくなるでしょうが、体を慣れさせるためにも、3食に分けて量を増やしていってください。

玄米の量に制限はありませんが、胃に負担をかけないためにも、腹八分目を意識して、食べるようにしましょう。玄米には、栄養が豊富に含まれていて、食物繊維もたくさん入っているので、普通のごはんよりも栄養価が高くなっています。便秘解消の効果もあるので、ダイエットには最適なお米です。

玄米は、普通のごはんよりも硬いので、よく噛んで食べるため満腹感も感じやすいです。玄米が苦手だという人は、リゾット風にして食べるといいでしょう。

脂肪燃焼スープのダイエットプログラム注意点

  • 決められたメニュー通りに食べる。
  • スープはいつでも好きな量を食べてOK。
  • 脂肪燃焼ができなくなるので、飲酒禁止。
  • 飲酒した場合は24時間経ってからやりなおす。
  • 飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒーのみ。(一部100%ジュースは可)
  • 炭酸飲料は飲まない。
  • 揚げ物、パン、小麦粉を使った食品は食べない。
  • 甘味料、砂糖などあらゆる甘味料は取らない。

※7日間のスケジュールの中には肉を食べなければならない日があるが、肉は牛肉に限らず、豚肉(脂身のないパーツ)、油で炒めない鶏肉(皮・脂身は除く)あるいは煮魚を食べても良い。

参考:ダイエットの為の食事は脂肪燃焼スープが効果的!

 

1週間で-5㎏ダイエットできる効果的な筋トレ

week-14筋トレには直接脂肪を燃やす効果はありませんが、筋肉を増やすことで脂肪燃焼をしやすくなり、痩せやすい体を手に入れることができます。

ここでは、一週間で-5kgダイエットできる効果的な筋トレをご紹介します。

レッグランジ

レッグランジでは、お尻と太もも全体の筋肉がトレーニングできます。前に出した膝に負荷をかけないように注意しながら行いましょう。

フライングドッグ

体幹を鍛えることで、体全体の基礎代謝をアップする効果が期待できます。全身の引き締めに効果がありますが、腕を細くしたい場合はダンベルを持って行うとよいでしょう。

スクワット

スクワットは、お腹周りやお尻、太もも、ふくらはぎなど、脂肪が付きやすい部分を一度に引き締めることができます。

 

 

1週間で-5㎏ダイエットできる効果的なストレッチや運動

week-15筋トレで筋肉を増やしながら、確実に脂肪を燃焼させるためには運動は欠かせません。

ここでは、脂肪燃焼効果の高い運動をご紹介します。

骨盤矯正ストレッチ(お尻歩き)

お尻歩きによって普段使われない骨盤底筋が鍛えられると、骨盤の位置が正しくなることで代謝がアップします。
また、腸が刺激されることで便秘解消効果も期待できます。

タバタ式プロトコル

20秒の運動と10秒の休憩を8回繰り返す(合計4分)だけですが、脂肪燃焼効果がとても高いダイエット方法として知られています。

水泳

week-16

なかなか時間的余裕がないと、水泳は難しいと思いますが、ダイエットには、非常に効果的です。

有酸素運動の中でも、時間に対してのカロリーの消費率が高いうえに、様々な部位の筋肉を鍛えるため、脂肪燃焼効果も期待できます。

もし時間があれば水泳はおすすめです。

参考:水泳ダイエットが成功する効果的な方法【週何回?時間は?消費カロリーは?】

 

1週間でお腹周りを引き締めるダイエット方法

week-17お腹周りの引き締めに限定したダイエット方法です。

ポッコリと出たお腹をとにかく1週間で引き締めたい!という方は必見です。

ドローイン

ドローインは、お腹を意識的に凹ませることでインナーマッスルを鍛えることができる方法です。

最初はやや難しく感じるかも知れませんが、正しく行えるようになると日常的にどこでも行えるため、ダイエット効果がアップします。

ロングブレス

ロングブレスのポイントは、行っている間はお尻とお腹に常に力を入れておくこと。

ドローインと同様にインナーマッスルを鍛えることができます。

腹筋

お腹周りを引き締めるための腹筋プログラムです。

毎日腹筋しているという方でも、こちらの動画はかなりきつく感じるようですので、効果も期待できそうです。

 

参考:腰回りをダイエットする方法【お腹や背中についた贅肉を落とす食事と運動】

 

1週間ダイエットで-5㎏痩せる効果的な食事や運動方法は?のまとめ

一週間で-5kg痩せるためには、摂取カロリーを抑える(食事)もしくは、消費カロリーを増やす(筋トレと運動)のどちらかしかありません。

なお、今回ご紹介した脂肪燃焼スープは、一週間食べ続けることで5~8kgのダイエットが可能と言われています。

紹介した運動や筋トレと併用すると効果は倍増しますが、栄養不足が心配されますので、体調には十分注意して行ってください。出来る事なら、急激なダイエットを必要としないよう、日々努力することをおすすめします。

『ダイエットは一日にして成らず』です。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top