ダイエットレシピ

ダイエットレシピでは、様々なダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピなどの情報を提供し、痩せたい方々をサポートします。

ダイエットはMCTオイルを取り入れた糖質制限が効果的!

ダイエットはMCTオイルを取り入れた糖質制限が効果的!

MCTオイルがダイエットに効果的な理由

MCTオイルは、糖質制限ダイエットと組み合わせると非常に効果的と言われ、ダイエットオイル食品として注目されています。

この、MCTオイルが、なぜダイエットに効果的なのか?また、日常生活への取入れ方や注意点などを調べてみました。

一読いただき、ダイエットの参考になれば幸いです。

MCTオイルとは?

MCTオイルは、ココナッツオイルなどにも含まれる脂肪酸ですが、特徴的なのはこの脂肪酸が100%【中鎖脂肪酸】であるということです。ですから、名前のMCTは(Medium Chain Triglycerides)の略で、中鎖脂肪酸のことを指しています。

もちろん、ココナッツオイルにも中鎖脂肪酸は含まれていますが、MCTオイルのように100%ではありません。

この、MCTオイルには、大きなダイエット効果あるようです。


Sponsored Link


MCT(中鎖脂肪酸)の働き

中鎖脂肪酸はエネルギーをつくり出す働きがあり、母乳のほか牛乳やココナッツオイルなどに豊富に含まれています。

一般に使われているサラダ油やオリーブオイルなどの植物油は、ほんどが長鎖脂肪酸を多く含んでいます。

この中鎖脂肪酸長鎖脂肪酸は、同じ飽和脂肪酸でありながら、異なる性質をもっているようです。

中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸の違い

中鎖脂肪酸は、胃から直接肝臓に入って、すぐにエネルギーとして分解。一方、長鎖脂肪酸は、脂肪組織や筋肉を通り、リンパ管や静脈、肝臓に運ばれます。また、余ったエネルギーは、皮下脂肪や内蔵脂肪として体内に蓄積されます。

同じ脂肪酸でも、このように消化吸収のスピードやエネルギーになる早さが違います。

 

MCTオイル(中鎖脂肪酸)のダイエット効果

中鎖脂肪酸は栄養の吸収を高めつつ代謝を促し、身体に蓄積された脂肪を分解して排出する働きがあります。そのため、身体が余分な脂肪や糖を吸収しなくなり、エネルギーを消費しやすくなるため、ダイエット効果が期待できます。

また、このMCTオイルの最大の特徴は、体脂肪をエネルギー源に変換させる「ケトン体」を効率よく生成できることです。

ケトン体について、下記に説明します。

MCTオイルの最大の特徴は「ケトン体」を生み出すこと

体の中で、糖が不足してくると脂肪がエネルギー源になりますが、この脂肪エネルギーを脳は受け付けません。脳は基本的に糖質(ブドウ糖)しか利用できないとされています。そこで、脂肪は脳の為に、糖質の代わりとしてケトン体という物質を生み出します。

脂肪から生み出されたケトン体は、すんなり脳のエネルギーになる優れものです。また、脳以外にも、様々な臓器のエネルギー源になるともいわれています。

つまり、通常、糖質を使ってエネルギー消費している身体を、脂肪を使ってエネルギー消費(脂肪燃焼)するように促してくれるのがケトン体なのです。

MCT(中鎖脂肪酸)がケトン体を生み出す

基本的に、体内の糖が不足してくると、人間の身体は飢餓状態になります。この時、身体は緊急的に、蓄えた脂肪から肝臓でケトン体をつくり、エネルギーとして利用する仕組みになっています。ですから、一番のエネルギー源であるブドウ糖が体内に十分にあると、通常ケトン体は発生しません。

ところが、中鎖脂肪酸はブドウ糖が身体に十分にあってもケトン体をつくり出す性質があります。しかも、長鎖脂肪酸に比べて約10倍のケトン体を生成できるので、MCTオイルはケトン体を効率よく作れるオイルなのです。


Sponsored Link


MCTオイルの注意点

MCTオイルはダイエットに効果がありますが、一度に多く摂取すると下痢腹痛などの症状が現れることがあるようです。また、揚げ物や炒め物に使うと一般的な油より低い温度で煙が出てしまうため、仕上げにかける、あるいは和えるなどの使い方がおすすめです。

市販のものを利用するときは、一日に大さじ1~2杯など、それぞれの商品の使用方法に沿って適切な量を使ってください。

特に、1型糖尿病の人や血糖値がかなり高い人の場合は、血中のケトン体が急に上昇すると、嘔吐、腹痛、脱水症状などを引き起こし、進行すると意識障害や昏睡を起こして死にいたる可能性もあるので注意が必要です

MCTオイルを利用する場合にはドクターや栄養士に相談し、指示通りの量を守って使いましょう。

 

MCTマヨネーズのつくりかた

【参考動画】

 

糖質制限にMCTオイルは、ダイエット効果抜群

糖質制限ダイエットの鍵は、私たちの細胞の中に数百から数千存在すると言われている「ミトコンドリア」です。

このミトコンドリアは、通常、糖をエネルギー源にしますが、糖がなくなると脂肪をエネルギー源として使ってくれます。

つまり、体内に摂り入れる糖を制限すると、ミトコンドリアのエネルギー源は脂肪を使うしかない状態になり、体はおのずと脂肪が減り痩せていくのです。簡単に説明すると、これが糖質制限ダイエットとの仕組みになります。

この糖質制限ダイエット中に、MCTオイルを取り入れるとケトン体の生成が促進されることで、更なる脂肪燃焼効果が期待できます。

ですから、身体のエネルギー源を脂肪優先にする糖質制限MCTオイルのダブル効果で、ダイエット効果抜群ということです。

関連記事:糖質制限ダイエットが成功する理由と危険性

 

糖質制限の注意点

日本の平均摂取カロリーは2000㎉/日ですが、この摂取カロリーの内訳は、タンパク質15%・脂質25%・糖質(炭水化物)60%です。

糖質制限だからといって、この60%の糖質を抜くと非常に危険です。

糖質であるご飯などの炭水化物は、摂取カロリーの多くを占めるのでカットすると総カロリーが不足してしまいます。カロリー不足により、栄養が行き渡らなくなると、様々な悪影響が出ますので、完全な糖質カットは絶対にやってはいけません。

【ケトン体について】
ケトン体は、血管に対して傷害を与えるという研究論文がいくつか出ており、長期間ケトン体が出た時の安全性がまだはっきりしていないようです。ケトン体は糖質の摂取量を普段の3分の1以下にしたあたりから 体内で増え始めます。(1日の糖質摂取量を日本人平均の270gほどとした場合)ですから、第3の栄養素ともいえるケトン体が出ないように、過度の糖質制限は避けたほうがいいとも言われているようです。
参考:「NHKガッテン(2016年7月放送)」糖質制限の危険性について

 

ダイエットはMCTオイルを取り入れた糖質制限が効果的!のまとめ

糖質制限をすることで、細胞内のミトコンドリアが脂肪をエネルギー源とし消費し、更に肥満ホルモンとも呼ばれるインスリンの分泌を抑えることで、ダイエット効果が期待できます。そこに、MCTオイルが加わると、痩せること間違いなし、と思えてきますね。

痩せる根拠に、間違いはないように思いますので、とりあえず、ダイエットするなら、ご飯を少なく(糖質制限)して、MCTオイルを食材に加えてみてはいかがでしょうか。

注意事項

紹介している食材の使用や健康法を実践する場合、ご自身の体調を考え、注意した上でおこなってください。また、体調に異常や不安を感じた場合は、速やかに中止し、医師に相談してください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top