ダイエットレシピ

ダイエットレシピでは、様々なダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピなどの情報を提供し、痩せたい方々をサポートします。

キャベツはダイエットと美容におすすめの食材!

キャベツはダイエットと美容におすすめの食材!

キャベツダイエットは食べるタイミングと調理方法が大事!

キャベツはダイエットに限らず、健康と美容のためにもおすすめの食材ですが、食べるタイミングや調理の仕方でダイエット効果が左右されるようです。

食べ方も「夜キャベツ」「ゆでキャベツ」「食前キャベツ」など、いろいろありますが、基本的に、生のキャベツを食前に食べることで、ダイエット効果があるとされています。では、なぜキャベツでダイエット出来るのか、その根拠や食べ方について調べてみました。

キャベツダイエットの成功するやり方や効果などをご紹介しています。一読いただき、ダイエットの参考になれば、幸いです。


Sponsored Link


キャベツダイエットが成功できる理由

ダイエットを難しくさせているのは、カロリー制限による食事の物足りなさからくるストレスですこのストレスに耐えらないために、結果として長続きせず、リバウンドを繰り返してしまい、ダイエットは難しいとなるのです。

ダイエットは食欲を我慢して摂取カロリーを制限する、というのが基本的な考え方です。しかし、この考え方では、よほどの精神力がなければ痩せることができないということです。となると、精神力を必要としない、言い換えるとストレスを感じないダイエット方法があれば、確実にダイエットできるということになります。

その方法が、食前に食べるキャベツの食べ方にあるのです。もちろん、全く食のストレスがなくなるわけではありませんが、かなりの効果が期待できるダイエット方法です。

食前キャベツの役割と効果

噛み応えのある、生キャベツを食前に食べることで満腹中枢を刺激し、無理なく自然に食欲をコントロールするのが、食前キャベツの大きな役割です。

ですから、食欲を抑えた状態で、本来の食事を取るため、おのずと摂取カロリーが減るうえに、食事を我慢する必要がないため、ストレスがかからず長期的に続けられるダイエットとなります。

また、ビタミンCによる美肌効果のほか、便秘やドロドロ血液の解消などの効果も期待できます。

このことから、無理なく食欲を抑え自然と健康的な体質へと改善していくのが、食前キャベツダイエットの基本的な考えとなります。

キャベツの美容効果

キャベツには食物繊維が多く含まれているため、腸内環境を整え、お通じの改善効果が期待できます。

便秘は、ただ単に便が溜まってお腹がポッコリとして見た目的に太って見えるだけではなく、実際に肥満の原因となるものです。

腸に便が溜まったままの状態が続くと、便から有害物質が発生して、それが腸壁から吸収され血液に溶け込んで全身へと運ばれていくため、血行不良や細胞の不活性などが起こり、新陳代謝が低下してしまいます。

また、腸に便が溜まっていることで、新しく摂った食べ物の消化・吸収に時間がかかり、結果として糖や脂質などを余分に吸収してしまうことも、太りやすくなる原因と言われています。

便秘が解消されることで血行がよくなると、細胞に必要な栄養や酸素が行き届きやすくなるので、肌が綺麗になったり疲労の回復が早まるなど、美容や健康に間違いなく効果があります。

キャベツが持っている健康効果

キャベツの主な効果として「骨粗しょう症予防」「便秘解消」「胃潰瘍予防」「十二指腸潰瘍予防」等があげられます。

また、キャベツの大きな特徴は豊富なビタミンCです。葉を生で2~3枚食べることで、1日に必要なビタミンC量の50%以上が満たされるといわれています。特にキャベツの外側の緑色の葉や、普段捨ててしまいがちな芯の近くには、ビタミンCが多く含まれています。

その他、キャベツ特有の成分として、ビタミンUが挙げられます。ビタミンUは、キャベツから発見されたため別名“キャベジン”とも呼ばれている成分です。このビタミンU(キャベジン)は市販されている胃腸薬にも含まれていることでよく知られています。

 

キャベツダイエットが成功するやり方!

前述したように、キャベツダイエットの基本的なやり方は、食事の前にキャベツを食べるという方法になります。


Sponsored Link


食事の前に食物繊維の多いキャベツを食べることで、しっかりと咀嚼(そしゃく)する必要があることから自然と噛む回数が増えるため、満腹中枢が刺激され、食事の量を減らすことができます。このため、キャベツダイエットを行う時は、最も歯応えのある生のままで食べるのがおすすめです。この時、少し大きめにカットすることで噛む回数が増え、ダイエット効果がより高くなります。

キャベツダイエットは、基本的に食事制限を行うダイエットではありません。食事前にキャベツを食べることで、お腹がある程度満たされるため、食事の量がこれまでよりも減ることが期待されるダイエットです。

このため、タンパク質の摂取量が減り筋肉も減ってしまう恐れがあります。これを防ぐために意識的にタンパク質を最低一日70gほど摂取することも大切です。

タンパク質は筋肉を作る材料となるもので、体の代謝には欠かせないものです。また、その他の栄養素も満遍なく摂ることを忘れないでください。

キャベツを食べる量はどれくらい?

キャベツダイエットでは、一回に食べるキャベツの量を1/6個としています。

生のままだと量が多く見えるため、カロリーの摂りすぎが心配になりますが、キャベツ1/6個あたりのカロリーは39㎉と少なくなっているので、食事の前に食べたからといって摂取カロリーが多くなりすぎることはありません。

キャベツは「千切り」「ざく切り」どちらが効果的?

千切りのように細かくカットすると、それほど噛まなくても飲み込めることから、ダイエット効果を高めるにはざく切りの方がお勧めです。5㎝角ほどの大きさにして、よく噛んで食べましょう。

夜キャベツダイエットのやり方

夜キャベツダイエットは、夕食の前のみ、キャベツを食べるダイエット方法です。これは、毎食前に生のキャベツを食べるのが難しい方や、「食事の前に毎回キャベツを食べるのはちょっと・・」という方におすすめの方法です。

もちろん、夜だけの食前キャベツではダイエット効果は落ちますが、比較的、夜の食事はたっぷりと食べがちなので、それなりに効果は期待できるはずです。とりあえず、まずは夕食前のみの夜キャベツダイエットから始めてみてはいかがでしょうか。

なお、料理に出されたキャベツを食事の最初にゆっくりと噛んで食べるようにしても効果があります。とにかく、最初にキャベツです。

茹でキャベツダイエットのやり方

生のキャベツの味や香りが苦手・・という場合は、茹でキャベツダイエットはいかがでしょうか。

キャベツを茹でることで、食感や味がマイルドになり食べやすくなります。また、茹で汁も一緒に食べるようにすると汁に溶けだした栄養素まで無駄なく摂取することができます。

ただし、この調理法だと、キャベツをあまり噛まずに飲み込めるため、満腹中枢を刺激しません。ダイエット中であることを意識して、やや硬めに茹でてよく噛んで食べることが大切です。もちろん、食前に食べなければ意味がありません。

 

失敗しないキャベツダイエットの注意点やポイント!

キャベツダイエットで、最も大切なのが「よく噛んで食べること」です。

せっかく食前にキャベツを食べても、きちんと噛まずに飲み込んでしまったり、早食いをしてしまうと、効果が薄れてしまいます。

キャベツダイエットでは毎食前に1/6個のキャベツを食べますが、その量を食べるに当たり目安となる時間はおよそ10分程度と言われています。つまり、バクバクッとものの数分で食べ終えてしまうと、あまり満腹中枢を刺激しないため、結局いつも通りの量を食べてしまうことになるのです。

これは、キャベツダイエットに限った食べ方ではなく、基本的に食事はゆっくりと時間を掛けて食べることで、ダイエット効果があります。とにかくよく噛んで食べるということを頭に置きながらダイエットを進めてみましょう。

また、生のキャベツだけではどうしても味に飽きてしまうという場合、ドレッシングを使用することもあると思いますが、ドレッシングのなかには思っている以上にカロリーの高いものもあります。たくさんの量をかけすぎないように注意しましょう。

キャベツはダイエットと美容におすすめの食材!まとめ

キャベツダイエットは、キャベツのみを食べるダイエットではなく、食事の前にキャベツを食べることで満腹中枢を刺激し、自然と食事の量を減らすことができるダイエット方法になります。そのため、精神的な無理がなく、長期的に続けることができます。

すぐに体重が落ちるわけではありませんが、キャベツを最初にゆっくり噛んで食べることを習慣化することで、少しずつ理想の体型に近付くことができるようです。

なお、キャベツだけでお腹をいっぱいにしたり、食事を抜くといったことは体調を崩す恐れがあります。キャベツダイエットに限ったことではありませんが、無理なダイエットは絶対に止めてください。

注意事項

紹介している食材の使用や健康法を実践する場合、ご自身の体調を考え、注意した上でおこなってください。また、体調に異常や不安を感じた場合は、速やかに中止し、医師に相談してください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top