ダイエットレシピ

ダイエットレシピでは、様々なダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピなどの情報を提供し、痩せたい方々をサポートします。

チアシードはダイエットに最適!効果的な食べ方と注意点を紹介

チアシードはダイエットに最適!効果的な食べ方と注意点を紹介

ダイエット効果抜群のチアシードの効果的な食べ方は?

チアシードはダイエットとして、また美容健康増進などに利用されている、注目度の高いスーパーフードです。しかし、名前は聞いたことがあっても、食べ方や利用の仕方など、どんなものかわからないという人も多いのでは?

そこで、チアシードの効果や食べ方、また注意点などを紹介します。

一読いただき、ダイエットの参考になれば幸いです。


Sponsored Link


チアシードって何?

中南米原産の万能ヘルシーフード!

チアシードは中南米原産の植物の種子です。シソ科サルビア属で、ミントの仲間『チア』の種(シード)なので、チアシードという名前です。

元々は、古代から中南米のマヤやアステカの民族が食料原としていたもので、歴史ある食べ物です。

「オメガ3脂肪酸」「食物繊維」「ミネラル」などの必須栄養素が豊富に含まれていることから、現在では『スーパーフード』とも言われており、その栄養価の高さと手軽に摂取できることで、多くの人が、ダイエットや美容に利用されています。

チアシードがダイエットに利用されている理由

栄養サポート食品としてダイエットに最適!

ダイエット中は、どうしても栄養が偏り、不足しがちです。そんな時に活躍してくれるのがチアシードです。

とにかく栄養素が豊富なので、ダイエット中の栄養サポート食品としても最適です。しかも水分で膨らむため、少量でも満腹感があり、食べ過ぎ防止につながります。

ダイエット中は日々の食事管理や運動に加え、サポート食品としてチアシードは、おすすめです。

【モデル・タレントも愛用】
チアシードは、雑誌など多くのメディアで取り上げられているほか、ハリウッドセレブがダイエット用に食べていると公言していることから、一気に広まりました。日本でもモデル、タレントが愛用していることで話題となり、メディアでの発信も手伝って、愛用者の多いダイエット食品になっているようです。

 

チアシードは脂肪分解に効果的

チアシードには脂肪の分解を手助けしてくれる「αリノレン酸」が豊富に含まれていますが、このαリノレン酸はダイエットに重要な働きをしてくれます。

体の中には脂肪を分解するリパーゼという酵素がありますが、このリパーゼαリノレン酸によって、活性化され、脂肪の分解を促進します。このことから、αリノレン酸を効果的に摂ることがダイエットにはとても重要ということになります。

つまり、αリノレン酸を多く含むチアシードは、ダイエットに効果的、ということです。

【αリノレン酸を効果的に摂取するための注意点】
αリノレン酸は熱に弱く、40℃以上で効果がなくなります。ですから、温かいお茶やスープに入れると効果がなくなるので、冷たい水やジュースなど温度が上がらないものに入れるようにしてください。

 

チアシードは、食物繊維が豊富!

チアシードには、100g中、約34gもの食物繊維が含まれています。

食物繊維は腸内細菌のエサとなり、腸内環境を整えることにつながります。また、腸は免疫の司令塔でもあり、健康や美容に大きく影響するところでもあります。

食物繊維は豆や穀類、野菜、きのこ、海藻などに多く含まれています。例えば、茹でたインゲン豆100gには13g、ごぼう100gには約6gの食物繊維が含まれていますが、食物繊維の目標摂取量は18歳以上で1日あたり男性20g以上、女性18g以上とされています。

日々、忙しい現代の食生活では、この目標摂取量を達成するのは、なかなか難しいものです。しかし、チアシードなら、スプーン1杯(10~12g)で約4.1gの食物繊維が摂取可能です。

普段の食生活で不足した食物繊維を手軽に補えるチアシードは魅力あるスーパーフードといえるでしょう。

チアシードは、ダイエットサポート食に最適!

チアシードは、ビタミンのほか、タンパク質やナトリウム、鉄分といったミネラルも含んでいます。一般的に、これらの栄養素は、食事制限をしながらのダイエットに不足しがちなものですが、この不足分をチアシードは補うことができます。

もちろん、チアシードだけですべての栄養素を摂ることはできませんが、バランスのいいダイエットサポート食品としては最適です。

チアシードは美容効果も抜群!

美肌や便秘解消に効果大!

身体の中から美しくなるためには、必要な栄養素をバランスよく摂ることが重要です。しかし、よほど意識して自炊しない限り、バランスのいい食事を摂ることは難しいのが現状です。

特に外食が多い人は、糖質や脂質が過多になり、食物繊維・ミネラル・ビタミンなどが不足しがちとなり、その状態では、肌や髪を美しく保つことは至難の業です。

そこで必要となってくるのが、幅広い栄養素を摂ることができるサポート的な食品です。ダイエットサポート食は、様々なものがありますが、チアシードは、栄養素が詰まった手軽に摂れるサポート食と言えるでしょう。

美しく、できるだけ簡単にダイエットしたいのであれば、チアシードを、お試しになる価値は十分にあります。

便秘解消で美肌美人に!

特に女性は、便秘に悩む方も多いと思いますが、便秘は肌の状態に影響すると言われています。

その便秘を解消する為に必要なのが、食物繊維です。この食物繊維を食材から摂ろうとすると、かなりの量を摂らないとなりません。また、調理するのも、なかなか面倒で大変な場合もあります。

その点、チアシードは、もともと無味無臭なので、どんなドリンクや料理でも味や香りの邪魔をせず、手軽に簡単に摂ることができます。スプーン1杯で、約4.1gの食物繊維が取れるのはチアシードの魅力の一つです。


Sponsored Link


 

チアシードの食べ方

チアシードは、水に10分ほど浸しておくと膨らみます。この膨らみがゼリー状となり、とろみが出て小さいタピオカのような食感になります。

この、水に浸してゼリー状になったチアシードを料理に混ぜたり、掛けたりして食べます。ただし、前述したように、αリノレン酸を活かすためにも、料理の温度が40℃以上のものと一緒にしないよう注意してください。

【チアシードの摂り方を間違うと太る?】
チアシードは、わずか大さじ3杯(45g)でも、ご飯一杯分のカロリーがあると言われています。ですから、一日10g~12gを目安に食べるようにしてください。チアシードを一度にたくさん摂ってしまうと逆効果です。

チアシードを食べるタイミングは?

ダイエット目的で食べるなら、チアシードは、食前20分前に食べるのが理想です。

食前にチアシードを食べることで、血糖値の上昇抑え脂肪がつきにくくなります。また、チアシードが胃の中で膨らむため、食欲を抑えられます。ただし、脳がお腹いっぱいと感じるまでに20分ほどかかるので、食前の20分前にチアシードを食べることをおすすめします。

チアシードは水に戻して食べるのが基本

チアシードを水に浸して戻すのは『グルコマンナン』という成分を出すためでもあります。

チアシードはそのままならゴマのような種子の状態ですが、水に浸すとゼリー状のものに包まれます。ここにグルコマンナンと呼ばれる成分が多く含まれています。

グルコマンナンは、コンニャクなどに多く含まれる成分です。この成分は、便秘解消の他に血糖値や血中コレステロールの低下にも効果があるとされています。また、グルコマンナンは人の消化酵素で消化できず、胃の中で水を吸って何十倍にも膨れるため、ダイエット食品にもされています。

このグルコマンナンの効果を活かすためにも、チアシードは水に浸して食べることをおすすめします。

食べ方の注意点!

チアシードは乾燥した状態で一日10g~12g程度(大さじ1杯の量)が推奨量です。

チアシードには豊富な食物繊維が含まれており、便秘解消に効果的ですが、食べ過ぎるとかえって悪影響を与えてしまう場合があります。

チアシードに含まれる食物繊維は不溶性のものが多いので食べ過ぎると便が固くなり、便秘を悪化させてしまう場合があります。くれぐれも食べすぎには注意してください。(特に小さいお子さんが、勝手に食べないよう注意)

生食の危険について

チアシードは「チア」という植物の種子です。チアシードに限らず、種子には「発芽毒(ミトコンドリア毒)という毒が含まれています。この毒は体に悪影響を与えてしまうので危険だといわれています。

しかし、この発芽毒についての悪影響は玄米に関しての報告はあるようですが、チアシードについては、ハッキリ確認できるものがないようです。だからといって、チアシードは大丈夫ということではなく、チアシードも玄米と同じく種子ですから発芽毒については注意が必要なようです。

【発芽毒の取り除き方】

  • チアシードの約10倍の水に12時間以上浸けておくことで、発芽毒「アブシジン酸」の毒性はなくなるようです。また、水につけても膨らまない種子は取り除いてください。
  • そもそも、水に浸したものでなければ、チアシード独特の食感は楽しめないので、そのままで食べることは、おすすめできません。
【発芽毒についての個人的見解】
発芽毒については、あまり神経質にならなくても、と個人的には思っています。どのような食材も食べ過ぎれば毒にもなりますし、調理の仕方や下処理が悪いと、お腹が痛くなります。

他のネット上に発芽毒の事が書かれているため、当サイトも念のために、発芽毒について紹介していますが、チアシードを食べている私本人は、特に12時間、水に浸してから食べるということはしていません(15分程度水に浸けて食べています)。また、それによって調子が悪くなったということもありません。

ただ、体の反応には、個人差があります。人様にお勧めする礼儀として、一応念のために「発芽毒には注意してください」と言わざるを得ないこと、ご理解ください。

 

チアシードの戻し方

チアシードの発芽毒(ミトコンドリア毒)取り除く、安心安全な戻し方!

【材 料】

  • チアシード=10g
  • 水=100㏄

【作り方】

  1. 清潔な容器にチアシード大さじ1と水45㏄を入れてよーくかき混ぜます。
  2. チアシード全体に水が回ったら残りの水大さじ4を入れてよく混ぜ冷蔵庫で一晩(12時間)おく。

作り方参考=https://cookpad.com/recipe/4160433

 

チアシードはダイエットに最適!効果的な食べ方と注意点を紹介のまとめ

忙しい、日々を送っていると、健康に気をつかう余裕がなくなります。ふと気が付くと肥満、肌荒れ、便秘など、見た目も体も不健康になっていた・・・なんてことになりがちです。

一番いいのは、生活習慣を改め、食事制限や運動がベストなのは分かっていますが、なかなか難しいものです。ただ、どんなに忙しくても、毎日、何かを食べ、飲んでいます。そのときに、同時にチアシードを食するとなれば、そんなに難しいことではないと思います。また、価格も驚くほど高いものでもありません。

世の中、いろいろな健康美容食品があり流行りもあります。マスコミ等で取り上げられたチアシードもその一つかもしれませんが、チアシードは、お薦めできるスーパーフードです。

注意事項

紹介している食材の使用や健康法を実践する場合、ご自身の体調を考え、注意した上でおこなってください。また、体調に異常や不安を感じた場合は、速やかに中止し、医師に相談してください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top