ダイエットレシピ

ダイエットレシピでは、様々なダイエットのやり方や効果、口コミ、レシピなどの情報を提供し、痩せたい方々をサポートします。

不規則な食生活は8時間ダイエットがおすすめ!

不規則な食生活は8時間ダイエットがおすすめ!

食事制限や運動なんてやっていられない人におすすめのダイエット法!

8時間ダイエットは、これまでの常識を覆すようなダイエット方法ですが、効果はあるようです。これまでテレビ番組等で紹介され、このダイエットを試した被験者にダイエット効果が確認されています。

ダイエットとなると、あらゆる制限が要求されますが、「仕事が忙しくて夕飯が遅くなる」「毎日疲れて帰ってきて運動なんてしていられない」など、そんな現代の生活スタイルに合ったダイエット法です。

とにかく手っ取り早いダイエットをお考えなら、8時間ダイエットはおすすめです。

当サイトを一読いただき、ダイエットの参考になれば幸いです。

※記事作成に当たりTBSテレビ【駆け込みドクター!運命を変える健康診断】【林先生が驚く初耳学!】等を参考にしています。


Sponsored Link


8時間、何をしたらダイエットできるのか?

8時間ダイエットは、アメリカ国立衛生研究所や生物医学会の世界最先端ソーク研究所の実験をもとに編み出されたものです。

このアメリカで誕生したダイエット方法は、食べる量は気にせずに8時間の間に3食べて、残り16時間は何も食べない、というのが基本です。つまり、一日24時間の内の連続した8時間の間だけ食事は許されるが、残りの16時間は、ゆるい断食になるダイエット法です。

1日8時間の食事方法は?

朝起きて、一番初めに口にしたときから、食べ終わりまでを8時間以内とし、それ以降の16時間の間は、水以外は何も口にしてはいけません。

例えば、朝8時に朝食を食べたら、夕方4時まで。午前11時に食べたら、午後7時が食事可能な時間になります。

1日8時間の食事内容は?

連続した8時間以内なら、いつ何をどれだけ食べてもOKです。これが、この8時間ダイエットが評価されるところであり、続けられるポイントです。

もちろんカロリー制限もなく、ビール等のアルコールもOKとなっています。

しかし、なぜ、この方法でダイエットできるのでしょうか?

8時間好きなだけ食べても痩せる理由

胃や腸に食べ物が残っているとエネルギーは食べものの消化にまわされ、その分、代謝(脂肪燃焼)に使われるエネルギーは少なくなります。ということは、代謝(脂肪燃焼)に使われるエネルギーを多くするために、消化するものを無くせばいいということになります。

つまり、8時間ダイエットのポイントは、消化するものを無くすための、食事をしない16時間が重要ということになります。

空腹状態をつくることで、血液中のブドウ糖血糖を減らし、脂肪燃焼しやすい状態をつくるのです。

この体のエネルギーシステムを利用することで、8時間は好きなだけ食べても痩せるというわけです。

8時間ダイエットの効果を高める食材

8時間ダイエットの効果をより高めるためには、積極的に食べたほうがいいものがあります。それは、ナッツ、豆類、ベリー、乳製品です。なかでもヨーグルトはおすすめです。

ヨーグルトは栄養バランスのいい食品で、ダイエット時に偏りがちな栄養バランスを補える点で優れている他、便秘改善につながりダイエットサポート食には最適です。

8時間ダイエット実践の注意点

まずは、週3日程度から始めるのがおすすめです。ただし、実践中は1日3食べて、水を2リットル以上飲むようにしてください。体の老廃物が流され、より健康的に痩せることができます。


Sponsored Link


8時間ダイエットの実践効果


TBSテレビ:林先生が驚く初耳学!での実践ですが、3人の女性が2週間の8時間ダイエットに挑戦していました。
結果は下記の通りでした。

  • 20代/女性=身長162㎝・体重83.8㎏➡79.5㎏(-4.3㎏)
  • 30代/女性=身長162㎝・体重65.4㎏➡64.4㎏(-1㎏)
  • 40代/女性=身長153㎝・体重54.6㎏➡53.3㎏(-1.3㎏)

特に、40代の女性は、ダイエット初日からお昼ご飯にカルボナーラとマルゲリータを完食し、夕食はハンバーグ2個に御飯を食べるなど、好き放題に食べているようでした。特徴的だったのは、体重減よりも、ウエストが細くなったことです。

ダイエット前のウエストが80㎝でしたが、ダイエット後は71㎝でマイナス9㎝も細くなっていました。

このことから、8時間ダイエットは内臓脂肪の減少にも効果があることが分かりました。

 

8時間ダイエットの評価

テレビ等で紹介されたものを見る限りでは、何だか夢のようなダイエット法ですが、実際はどうなのか?

基本的にどんなダイエットでも、体重の増減はカロリー収支で決まります。ですから、食事のタイミングが体重の増減にさほど影響しないという考え方があります。ただし、16時間の空腹は、カロリー消費に大きく貢献するようです。

なぜなら、空腹が脂肪燃焼に働く「8時間ダイエット」は「糖質制限ダイエット」の脂肪燃焼の仕組みと同じだからです。

いずれのダイエット法もエネルギー源の糖質を早く使い切り、脂質をエネルギー源として使うことで、脂肪が減ります。

つまり、糖質摂取の時間を制限する「8時間ダイエット」は、糖質そのものを制限する「糖質制限ダイエット」と脂肪燃焼の仕組み同じなので、ダイエット効果が期待できるということになります。

【糖質制限で体が痩せる理由】
糖質制限ダイエットの鍵は、私たちの細胞の中に数百から数千存在すると言われている「ミトコンドリア」です。このミトコンドリアは、通常、糖をエネルギー源にしますが、糖がなくなると脂肪をエネルギー源として使ってくれます。つまり、体内に摂り入れる糖を制限すると、ミトコンドリアのエネルギー源は脂肪を使うしかない状態になり、体はおのずと脂肪が減り痩せていくのです。簡単に説明すると、これが糖質制限ダイエットとの仕組みになります。

関連記事:糖質制限ダイエットが成功する理由と危険性

8時間ダイエット実践の口コミ・感想

8時間ダイエットで寄せられる多くの感想は、好きなものをカロリーや量を気にせず食べることができるので、ダイエット特有のストレスがないというものです。

一方で、空腹の時間が辛い、即効性がない、効果がないどころか太ったという内容のものもあります。

中途半端な8時間ダイエットは太る!

この8時間ダイエットで、注意しなければならないのは、体内のインスリン増加です。完全に16時間の空腹を守れればいいのですが、中途半端に空腹を我慢できず、糖質の多い炭水化物を摂取するとインスリンが急激に増加し、体内に糖質が残りやすくなり太ります。

この、インスリンは肥満ホルモンとも呼ばれており、糖質制限をしてインスリンの分泌を抑えることも、ダイエットには重要です。

とにかく、中途半端な8時間ダイエットは、過食によるインスリンの過剰分泌が心配されますので、もし途中で空腹が我慢できない場合は、主食と言われるご飯やパン、麺類は食べないようにしたほうがいいでしょう。

関連記事:炭水化物やめますか?それともダイエットやめますか?太る原因は主食にあり!

不規則な食生活は8時間ダイエットがおすすめ!まとめ

人それぞれの体質にもよると思いますが、ダイエットは諦めないことが重要かと思います。この8時間ダイエットで痩せられないのであれば、やはり、食べる量を減らすか運動することで消費カロリーを増やすしかありません。

個人的な意見ですが「8時間ダイエット」と並行して「糖質制限ダイエット」を実践してみるのもいいかと思います。

注意事項

紹介している食材の使用や健康法を実践する場合、ご自身の体調を考え、注意した上でおこなってください。また、体調に異常や不安を感じた場合は、速やかに中止し、医師に相談してください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top